20代 薄毛

20代の薄毛は解決できる!

 

男にとって「ハゲ」というのは絶対になりたくないものですが、「ハゲは遺伝だから..」と上記のような症状を放置して諦めていませんか?

 

確かに遺伝の要素は少なからず影響をしているのは事実ですが、
しかし遺伝以外の薄毛に影響する部分を知っておけば対策をすることはできます。
特に20代であればまだ遺伝の影響も少ない時期ですので、
今のうちから対策をすることで例え薄毛を遺伝的に持っていたとしても将来薄毛になるのを防ぐことが可能なのです。

 

では20代の薄毛を解決するためにはどのようなことをしていけばいいのか3つのステップに分けて紹介していきたいと思います!

20代で薄毛を解決する3つのステップ!

シャンプーを変えて頭皮環境を整える

まず一番簡単にできることは普段使っているシャンプーを育毛シャンプーに変えてあげる事です。
Luxやアジエンスなど一般的に販売されているシャンプーは実は頭皮への負担を大きくしています。

 

なぜならそれらのシャンプーは頭皮が必要とする皮脂までも流してしまうからです。

 

流されてしまった皮脂を補うために頭皮は活発に活動します。
本来あるべきものを補い続けることは負担が大きく、皮脂を補う機能が低下したり、機能が停止してしまう可能性があります。

 

それは頭皮を正常に保つことができないことを意味するので薄毛を加速させ、さらにはフケやギトギトの頭皮になってしまうことすら起きてしまうのです。

 

そこで使いたいのが育毛シャンプー。
洗浄力があまり強過ぎないことが一番の特徴で頭皮ケアを重点的に意識して作られたシャンプーとなっています。有名なものであればスカルプDなどがありますが、薄毛に悩んでいるなら不飽和脂肪酸を含んだもののほうがおすすめです。

 

育毛シャンプーのデメリットは1本の価格が約4000円と高い点ですが、
薄毛の対策でまずすべきことは頭皮環境を整えてなので育毛シャンプーで髪の毛が抜けにくく、髪の毛が生えてきやすい頭皮を作って上げることが大事です。

 

まだ薄毛が進んでおらず、ただ抜け毛が気になるというのであればシャンプーを変えるだけで高い効果を得ることができるでしょう。

 

>>育毛シャンプーを選ぶ時に大事な2つのポイントとは?

 

 

育毛剤を使って毛が生えやすいようにする

最初に説明をした育毛シャンプーは頭皮の状態を整えるという目的があるのに対して、育毛剤は毛に関連する細胞やホルモンに影響を与えて、抜け毛の原因となるものを抑えたり、発毛命令を促す役割を持っています。

 

それなら最初から育毛剤を使えばいいのじゃないの?って思うかもしれませんが、
頭皮の環境が整えられていなければ浸透するべき育毛剤も浸透せず、ただの液体になってしまいます。

 

「頭皮を整えてから育毛剤を使う」これが大事です!

 

>>どんな育毛剤を使えばいいのか?

 

 

サプリメントで内側からも発毛を促進!

今までの対策では体の外側から頭皮に向けて抜け毛の対策をしてきたのですが、最後に内側からも発毛を促進して行きましょう。
サプリ自体は高額なものが多いので正直予算的に厳しいというのであれば今は育毛シャンプーと育毛剤の組み合わせでいいと思います。

 

しかし、すでにかなり薄毛が進行している!

 

というのであれば薄毛対策のサプリメントもぜひ使ってもらいたいところ。

 

育毛剤で外部から頭皮に直接発毛を促進させるのも大事なのですが、内側からもしっかりと頭皮や毛根にはたらきかける必要があります。

 

特に亜鉛、カプサイシンとイソフラボンを効率的に取れるサプリをとってください。
亜鉛は抜け毛の原因を抜け毛を促進させる原因となる5αリアクターゼを阻止し、毛髪を太くするテストステロンを増やす効果を持っているのですが、日本人男性の90%は亜鉛不足とも言われています。

 

そしてとカプサイシンとイソフラボンは同時に取ることで本能的に埋め込まれた発毛の仕組みを呼び起こしてくれます。

 

>>なぜカプサイシンとイソフラボンが発毛にいいのか?

20代の薄毛は早めの対策が大事!

最初にもいったように20代から対策をすれば遺伝であろうと薄毛になる確率を大きく下げることができますので早くから対策する必要があります。

まだ大丈夫、まだ大丈夫と思っていても気づいた時には髪の毛がなくなってしまいます。

 

薄毛になってしまえば女性からもモテにくくなりますし、人によっては印象を悪くしてしまう場合もあります。まだまだ先があるからこそ早くから対策をすることでより明るい未来があるのです。

 

確かに全部の対策をするとお金もかかってしまうので全てするとなると負担が大きくなってしまいます。それならまずはシャンプーだけでも変えてみてください。日頃使っているものを変えるだけです。それから初めて効果を感じてみてください。

 

放っておいて暗い将来を送りますか?それとも今からちゃんと対策をしますか?
決めるのはあなたです。

 

>>シャンプーを買う前に知っておきたい2つのポイント!