カプサイシン イソフラボン 育毛

なぜカプサイシンとイソフラボンが育毛にいいのか?

カプサイシンとイソフラボンは育毛にとっていいと言われています。
なぜかというと本来体が持っている発毛信号を活発にするからです。

 

髪の毛が生える時にはIGF-1というホルモンが働きます。
しかし年齢をとるに連れてこのホルモンを出す能力が弱っていき、反対に発毛を抑制する5αリダクターゼの力が強まっていきます。

 

「IGF-1<5αリダクターゼ=発毛能力が下がり、発毛を抑制する力が強い」という状態となると、髪の毛が生えてこなくなることはわかっていただけるでしょう。

 

20代の内はまだIGF-1が多く出ているので、育毛剤を使い5αリダクターゼを抑えることで髪の毛の成長を促進することができますが、あまりにも生活の状態が悪いとIGF-1の弱まっているということが考えられます。

 

20代で薄毛がわかるくらいまでになっているのであれば、5αリダクターゼを抑える(ブレーキを離す)だけでなく、IGF-1を増やして(アクセルを踏む)こと必要があるということです。

 

その「アクセルを踏む」という役割をしてくれるのが「カプサイシンとイソフラボン」です。

 

 

すでに薄毛になっている人を対象(20代から60代)とした実験においてもカプサイシンとイソフラボンを毎日摂り続けた結果、約1ヶ月で46%5ヶ月で65%の人が発毛したという結果が出ています。

 

特に20代であればまだ体の中もしっかりしているのでより高く、早い効果を期待できるでしょう。

 

>>育毛のアクセルを全力で踏みたいならこちらから!